能登伝統野菜 唐川菜<からこな>

能登ブロッコリーの写真
収穫時期 露地:3月〜4月上旬 施設:周年
唐川菜の収穫は露地:3月〜4月上旬 施設:周年

唐川菜の特徴

能登ブロッコリーの栽培風景
  「唐川菜(からこな)」は、穴水町下唐川集落で昔から作られているカラシナ在来種で来歴は不明である。これまで数軒の住民が畑の片隅で育てているほか、民家の周辺や道端、土手に半野生化して生えており、全て自家消費されていた。
 春先にさっと湯がいて白菜とともに一夜漬けとするほか、汁物の具材としても使われている。集落の春祭り「だごだい祭り」の御膳には必ず供されるなど神事と密接に繋がり、伝統食としても受け継がれている。
 平成28年から株式会社ミスズアグリ((株)ミスズライフからH30.3.30分社化)が、下唐川集落と連携して地域の希少食材である唐川菜を使用したベビーリーフ商品の開発、販売を目指している。  

その他

栄養価   カリウム、葉酸、βカロテン、カルシウム等を多く含む

機能性   辛味成分は食欲増進、抗菌作用あり


代表的な料理方法等
お浸し、一夜漬け、加工品:粒マスタード

生産者のご紹介

能登ブロッコリー部会長 小川 奈美さん((株)ミスズアグリ 能登農場 ベビーリーフ農場長)
穴水町旭ヶ丘の大型連棟ハウス(9,360u)でブナシメジ菌床堆肥を活用した資源循環型のベビーリーフ栽培に取り組んでいる。
地元集落と連携して「唐川菜」等の地域食材を使用した商品の開発・販売を通じて、地域に元気を創出している。

≫生産者のご紹介一覧へ

お問い合わせ

名称 所在地/HP/メール 電話/FAX
株式会社ミスズアグリ
能登農場
石川県鳳珠郡穴水町旭ヶ丘り36-1
http://www.misuzu-aguri.com/

noto-nojo@misuzu-aguri.com
小川携帯
070-4128-4210
(※時間8:00〜17:00)
FAX:0768-58-8412
磐持ちの里 唐川菜の会
(下唐川区長:松木義明)
石川県鳳珠郡穴水町下唐川へ1 TEL:0768-52-0797

栽培協定・条件

栽培場所 穴水町
出荷時期 露地:3月〜4月上旬 施設:周年
栽培品種 カラシナ在来種
品質 葉や種子にカラシナ特有の辛味あり
栽培履歴 JA版栽培履歴に準ずる

生産部会名

(平成29年度)
部会名(代表者) 農家戸数
(戸)
栽培面積
(a)
生産量
(t)
生産額
(千円)
(株)ミスズアグリ 能登農場 1 20(試作) - -
磐持ちの里 唐川菜の会 10 5(採種) - -