生産者の声 - 農家の方にインタビュー

能登ブロッコリー部会長

能登ブロッコリー部会長写真能登半島の先端、珠洲市でブロッコリーを春作と秋作合わせて約2ha栽培しています。
近年は気象が不安定なため、栽培が大変ですが、品質の良いブロッコリーをみなさんにお届けするため、仲間(部会員)とともに頑張っています。
産地として特にこころがけている点として、鮮度保持があります。
ブロッコリーは品温(ブロッコリーの温度)が高いと、すぐに鮮度が低下してしまいます。
このため、気温の高い時期は、日が昇る前、暗がりの中でヘッドライトを照らして収穫しています。
こうして収穫したブロッコリーは、すぐさま選果場へ持ち込みます。
農家の仕事はここまでですが、持ち込んだブロッコリーは、すぐに選果され、専用の発砲スチロール箱に氷と一緒に詰められて鮮度が落ちないよう県内、県外の産地へ出荷されます。


能登かぼちゃ お問い合わせ
JAすずし 営農販売課
〒927-1233  石川県珠洲市若山町出田36の部16−1
TEL 0768-82-7505

能登ブロッコリー <のとぶろっこりー>の詳細はこちら

能登ブロッコリーの写真

能登ブロッコリー <のとぶろっこりー>の特徴
能登のブロッコリーの特徴として海岸近くの平坦部から標高250mの山間部まで、里山里海に囲まれた多様な環境の中で栽培されている点が上げられます。

→ 能登ブロッコリー <のとぶろっこりー>の詳細