生産者の声 - 農家の方にインタビュー

山口 弘さん(佐野ファーム園芸部)

山口 弘さん写真  七尾市佐野町の集落営農・佐野ファームの園芸部を担当し、かもうり10a、金糸瓜10a栽培、中島菜10aを作付け。
 佐野ファームの構成員は、平日、会社に勤めている人が多いことから、山口さんを中心に4人で野菜の栽培に取り組んでいる。
 かもうりは、棚田の高い水田で栽培しています。種は4月に播き、ハウスで1ヶ月ほど管理し、5月に苗を定植します。定植後、自然とつるが4〜5本でてきて、6月頃に開花し、その後実が肥大します。8月に実の表面が白い粉をふいてきたら、収穫します。かもうりは、大きいもので、なんと1個7kgほどもあります。また、表面には細いトゲがたくさんあり、かもうりを素手で持つと、手がチクチクします。
 かもうりは、この地域の農家では、家庭菜園に1株ほど植えて、夏に1回は食べます。唐辛子とだし汁で煮て食べる家庭が多いようですが、あんかけや一夜漬け、油炒めにしても美味しく召し上がることができます。
 佐野ファームでは食育にも取り組んでおり、毎年、近所の幼稚園児に定植作業や収穫作業を体験させています。かもうり重いため、幼稚園児が収穫して運ぶのは大変ですが、苦労して収穫したかもうりを給食で大変美味しそうに食べています。
 かもうりは、地元の直売所では夏になると必ず販売していますので、一度召し上がってみてください。
かもうり-イメージ1 かもうり-イメージ2

かもうりの詳細はこちら

かもうりの写真

かもうりの特徴
・だしを効かせた味付けに合い、和食に適します
→ かもうりの詳細