生産者の声 - 農家の方にインタビュー

多賀 重雄さん(JA能登わかば南瓜部会長)

多賀 重雄さん写真

 七尾市中島町で能登野菜4品目を夫婦で栽培しており、小菊南瓜10a、能登白ねぎ50a、中島菜10a、金糸瓜5aを作付け。
 南瓜部会の設立時から部会長を務め、大阪市場での販促活動など、部会の先頭に立って、生産拡大に尽力している。


小菊南瓜-イメージ1 小菊南瓜は、果実を真上から見ると、菊の花に似ていることから「小菊南瓜」と呼ばれています。一般的に食べられている南瓜は西洋種の「エビス」という品種で、コボコボした食感ですが、小菊南瓜は日本種の「神田小菊」という品種で、エビスより小さく直径は15cm程度、粘質で淡白な味で、味付けしやすく、煮くずれしにくいことや切り口がきれいなことから、関西の高級料亭で、和風だしの味付けで料理されています。


小菊南瓜-イメージ2  小菊南瓜の栽培は、普通のかぼちゃとは大きく異なります。かぼちゃは普通、地面にはわせて栽培しますが、中能登地区の小菊南瓜は、着色を良くするため、鉄パイプで作った高さ2mぐらいのトンネルの上にはわせて栽培します。4月に定植した苗からつるが伸び、7月にはトンネルの上までつるに覆われ、緑のトンネルになります。収穫のころにはたくさんの緑の実がぶら下がり、生産者の自慢の光景が広がります。この栽培方法は40年前から試行錯誤しながら確立しました。毎年6月頃に生産者が集まって、技術研修会を開催し、技術の向上に励んでいます。


 小菊南瓜は7月上旬から地元直売所に並びます。夏の暑い時期は、肉あんかけに調理して、冷やして食べると最高です。


小菊かぼちゃ<こぎくかぼちゃ>の詳細はこちら

小菊かぼちゃの写真

小菊かぼちゃ<こぎくかぼちゃ>の特徴
・粘質で濃黄色の果肉が和食に最適。
・直径15cmの小型の日本かぼちゃ。
→ 小菊かぼちゃ<こぎくかぼちゃ>の詳細